[378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368]



今年は寅年です。
というわけで虎本を。

教科書にも載っていた中島敦「山月記」

これは、その「山月記」をマンガにしたものです。
波津彬子『幻想綺帖』一(ソノラマコミックス)に収録されています。波津彬子はとても綺麗な絵を描く漫画家で、泉鏡花のような幻想物を描くとぴったりくる人です。この『幻想綺帖』を手にしたときも「山月記」が一番最初で意外な気もしましたが、割としっくりきていました。が、この本の4話目に入っている泉鏡花の「第二菎蒻本」のほうがやっぱり良かった・・・です。


浅田次郎編『見上げれば星は天に満ちて;心に残る物語日本文学秀作選』
に「山月記」が載っています。こちらは当然中島敦の原文がそのまま載っているので、格調高い文章が読めます。綺麗な短編は、寝る前に読むのに最適ですね。討ち死にしないで済みますし(笑)、幸福な気持ちになって眠れます。この本は、浅田次郎が「心に残る物語」として選んだ13の短編が載っています。森鴎外、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、中島敦、山本周五郎、永井龍男、井上靖、松本清張、梅崎春生、立原正秋、小泉八雲の作品が収録されています。どれも寝る前に最適な話ではありますが、有報堂のペチカ前のロッキングチェアで読むことをお勧めします。これにコーヒーがあれば至福の時を過ごせます。悪天候が続いていますが、ちょいと一服&読書にぜひご来店ください。


※ 1/24(日)は11:30〜15:00の間、客席西側のテーブル席がすべて予約席となっております。座席が限られますのでご了承ください。
※ 1/30(土)は都合により16時閉店(15時ラストオーダー)となっております。何卒ご了承ください。その他変則営業は随時お知らせをいたします。
※1月の営業のお知らせは12/27の記事にあります。ブログ右側の営業カレンダーもご覧下さい。




コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
山月記〜臆病な自尊心
ウチのブログが、ブログサイトの人気ランキングである「にほんブログ村」に「入村(?)」して一週間程が経ちますが、こちらは同種のランキングサイトの中でも結構有名なところでもある様ですし、多くのカテゴリーがあって、個々のランキングデータなどもかなり仔細に...
WEBLINK[URL] 【2010/07/24 04:38】


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 8 9 12
14 15 16 20
21 22 23 27
29 30 31
有報堂の本棚だよ
営業カレンダー
最新コメント
プロフィール
HN:
有報堂
性別:
非公開
ブログ内検索
最古記事
(05/13)
(06/06)
(06/06)
(06/06)
(06/06)
カウンター